• TIC

これから。

3月から始まったコロナは、あれよあれよと我々のあたりまえだった日常を奪っていった。誰がこんな毎日を想像したことだろう…。

中国の出来事、プリンセスダイヤモンド、屋形船でのクラスター発生も 全て自分には関係ないと勝手に思っていた。自分ごととして捉える感覚が欠落していた。

日に日に不安は大きくなるけど、「でもな〜、大丈夫だろうなこの辺は」そう思っていた

でも忍び寄ってきた影は、一気に日本中を覆いこみ 暗闇にひきづりこまれた気分だ

都市封鎖・ロックダウン・STAY HOME 何それ? 

人波が消えた町の映像も 何か映画の撮影風景のようで 現実味がなかった

誰もが知ってる有名人が亡くなったことで現実味を帯び、一気に恐怖の日々が幕を上げた


それからの毎日は、自分には何ができるだろうか…と問いかけの日々


もちろん自分の仕事もある。

が、しかし… 自分のやらなければいけないことは

自分のための何かなのか

誰かのための何かなのか…。


このブログは、もちろん食レポもするが コロナ禍の中 振り返ること、立ち止まることで知ったこと、これからのこと、様々な角度から記事をお届けしたいと思う。

これからの未来が きっと 多分明るい光が差し込むように

自分たちのすべき 何かを探していく記録とする



24回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

願い。